カリフォルニア矯正歯科三軒茶屋|院長が行う60分無料相談/駅徒歩3分/20:00まで診療

24時間初診WEB予約
無料メール相談

不正咬合の種類TYPES OF MALOCCLUSION

こんな歯並びでお困りでは
ありませんか?

こんな歯並びでお困りではありませんか? イメージ画像代表的な不正咬合の症状とその原因、対処法の一例をご紹介します。悪い歯並びと一言に言ってもその症状は患者様によって様々で、例えば同じ出っ歯であっても治療内容は異なりますし、遺伝による先天的なものであるケースもあります。

矯正装置の種類も豊富にあり、複数の装置を使用しながら矯正を行いますので、下記はその一例としてご参考にして頂ければと思います。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)イメージ画像上の歯が通常よりも前方へ突出している症状です。笑った時に上の前歯が目立ち、見た目の印象に大きく関わるだけでなく、突出具合が激しいと歯をぶつけて損傷してしまうリスクもあります。また、出っ歯の人は口で呼吸をしていることが多く、口腔内が乾燥しているため将来歯周病にもなりやすい状態です。

原因としては、骨格的に上顎の発達が盛んな場合や、顎に対して歯が大きい場合、指しゃぶりや爪を噛む癖によって歯並びが出っ歯になった場合などが挙げられます。子どもの矯正治療では、床矯正装置のほかにヘッドギアという自宅にいる時にのみ頭に装着する装置を使用することがあります。上顎の成長を抑制し、後方へ動かすことで、上下顎のバランスを調整します。


叢生(乱ぐい歯、八重歯)

出っ歯(上顎前突)イメージ画像部分的に歯が重なり、歯列が前後している状態です。歯列幅が狭く、歯が正常な位置から生えてくることができなかったために、本来とは異なる位置から歯が生えてきています。凸凹した歯列は歯磨きがしにくく虫歯や歯周病になりやすいため、床矯正装置で歯列幅を徐々に広げながら、全ての歯をきれいに並べられるだけの空間を確保します。

床矯正装置のみで治療を行うことはあまりなく、基本的には歯並びに応じて別の装置と組み合わせながら歯列を整えていきます。重度の叢生の人は片方だけで噛んだり、顎を左右にずらして噛むようになるため、次第に骨格に歪みが生じます。年齢や症状によっては外科手術や抜歯が必要になる場合もありますので、早期の治療が望ましいです。


受け口(反対咬合、下顎前突)

受け口(反対咬合、下顎前突)イメージ画像通常は上の歯が下の歯にかぶさる形で噛み合いますが、受け口の人はこれが逆になっています。横から見た時の輪郭が三日月型になり、顔貌に悪影響が出るためコンプレックスになりやすい症状です。幼少期に舌で下の歯を前に押し出すような癖があったり、骨格的な問題で下顎が大きく発達していることが主な原因です。

乳歯列期であれば、ムーシールドという受け口治療専用の装置やプレオルソ、T4Kなどで早期に受け口を改善することが可能です。これらは柔らかい素材を使用したマウスピース型の矯正装置で、小さなお子様も比較的取り扱いがしやすい構造をしています。口腔周囲筋を鍛える効果や、位置が下がった舌(低位舌)を正しい位置に持ち上げる効果もあり、歯を含めたお口全体のバランスを整えていきます。


すきっ歯

すきっ歯 イメージ画像すきっ歯とは歯と歯の間に隙間ができている状態で、正中離開、空隙歯列とも呼ばれます。原因としては、生まれつき歯の大きさが小さいことや、幼少期に歯と歯の間に舌を入れる癖があったこと、歯を失って残った歯の位置が移動したことなどが挙げられます。

子どもの場合、乳歯よりも大きな永久歯が生えてくるにあたってある程度のスペースを確保する必要がありますので、症状によっては矯正が不要なこともあります。永久歯に生え変わった時に自然と隙間が閉じることも珍しくありません。

歯の隙間から空気が漏れてしまうため発音に支障をきたし、幼く舌足らずな印象を与えます。症状によってマウスピース矯正やワイヤー矯正を行い、重度の虫歯や歯周病がある場合には、先に病気の治療を行います。


開咬

開咬 イメージ画像上の歯列と下の歯列の間に隙間ができており、噛み合わせても上下の歯がしっかりと噛み合わずに開いてしまっている状態です。口から舌が飛び出ている時間が長かったり、食べる時に舌を口から出す間違った飲み込み方をしていた場合、舌が歯を押して隙間を作ってしまいます。

奥歯は噛んでいるのに前歯は噛み合っていないのが一般的な開咬の症状で、前歯で物を噛み切ることができません。唇を閉じづらく、発音が悪くなるなどの問題も起こります。開咬の治療では、歯の傾きを改善し、咬合の高さを調整する矯正と並行して口腔筋機能のトレーニングが重要です。歯並びが良くなっても、歯は舌の力で簡単に後戻りしてしまいますので、悪習慣を止められるように誘導しながら顎の良好な発育を促します。


過蓋咬合(噛み合わせが深い)

過蓋咬合(噛み合わせが深い) イメージ画像過蓋咬合は、上の歯が下の歯に大きくかぶさっており、噛み合わせた時に下の歯がほとんど見えていない状態を指します。出っ歯や受け口と違い、歯科医院で指摘されるまで患者様自身では異常に思わないことが多い過蓋咬合ですが、上下の顎の大きさや位置関係に問題があるために起こる不正咬合です。

上の前歯2本が通常よりも大きく見えたり出ているように見えるデメリットがあり、重度の過蓋咬合では、下の前歯が上の前歯の裏の歯茎に当たって腫れや炎症を起こしているケースも見受けられます。また、下顎の運動が制限されていることで、顎関節症を引き起こす恐れもあります。患者様に成長する力が残っている場合は、機能的顎矯正装置などで下顎を全体的に押し広げ、口腔筋機能も鍛えながら症状を改善することが可能です。

Contact ご予約・お問合せ

tel. 03-5787-8107

  • 無料メール相談
  • 24時間初診WEB予約

アクセス・診療時間 access / schedule

カルフォルニア矯正歯科 三軒茶屋
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-19-5ライフファービル3F
TEL 03-5787-8107

 
×
×

休診日:木・日・祝  ※木・日診療の週あり(予約制)

アクセスはこちら